衣食住をきちんと整えて
素朴な毎日を楽しみたい。
そんな家族に寄り添う家電。

dodoさんは、2歳の男の子と旦那さまの3人で暮らしている。家事が好きなdodoさんのお宅は、豪邸のように広いわけではないけれど、隅々まできちんと整えられていて居心地がいい。中でも、dodoさんのテリトリーであるキッチンは、彼女が選んだお気に入りのものだけが置いてある特別なスペースだ。

一目で好きになってしまった
存在感のあるクラシックなデザイン。

白い壁と茶色の家具によく映える、緑色のグラファイト グリル&トースター。購入したのは2年前のことだ。妊娠・出産で忙しい時期だったので、ネット通販を活用したという。「機能をチェックする前に、見た目のかわいさに心を奪われてしまって…。『これがいい!』って決めてしまいました」。少し恥ずかしそうに言うdodoさん。道具は吟味してから買う彼女にしては、珍しい衝動買いだった。

トースト、チキン、グラタン
何でもおいしく焼き上げてくれる。

dodoさんのグラファイト グリル&トースターは、一度にトーストを4枚焼くことができる。容量の大きさが特色だ。「我が家にはオーブンがないんですが、これがあればオーブンを使うお料理もつくれるんです。トースターを買った後、すぐにお気に入りの食器屋さんへ行って、グラタン皿を買いました。2皿がぴったり網の上に乗ったときはうれしくて。初めてグラタンが焼き上がった瞬間は、さらにテンションが上がりました(笑)」。
あれこれ使ううちに、機能の特長も分かってきた。「とにかく発熱が速いですね。今までのトースターと同じ感覚でトーストを焼いたら、焦げちゃうぐらい速い(笑)。朝忙しい人にもおすすめできます」。また、グラファイト グリル&トースターの特技といえば、中はモチモチ、外はカリカリにトーストを焼き上げること。その力は、他の料理をつくるときにも発揮される。「買ってきたお惣菜のチキンも、電子レンジで温める場合と違って、表面がカリカリに仕上がります。見た目重視で購入しましたが、思いがけず使い道が幅広くて、買って良かったと思います」。

もっといろいろな料理に挑戦したい
トースターから夢が広がる。

「できることがたくさんあるトースターだと思うので、今後は他のメニューにも挑戦してみたい」と言うdodoさん。付属のレシピブックを眺めては、想像を膨らませている。アラジン製品の中で、次に買ってみたいのは、グラファイトグリラーだそう。「子どもがもう少し大きくなったら、おうちで一緒に焼肉をしたいです」。食卓を彩る料理のレパートリーは、これからもどんどん広がっていきそうだ。

Q. あなたにとってのアラジンとは?

Answer:
EPISODE 17 | dodo さん

お子さまは食いしん坊で元気な2歳児。旦那さまはアクアリウムが趣味の会社員。そんな2人と暮らす専業主婦。衣食住を心地良く整えることが趣味で、穏やかに過ごす気取らない毎日をSNSで発信している。